◆musicians

アーティスティック・ディレクター: 木村康人
幼少よりピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、作曲を学び、私立東海高校を中退し渡米。ウォルナットヒル芸術高校を経てニューイングランド音楽院別科作曲科卒、ニューヨーク・マネス音楽大学指揮科卒、国際基督教大学大学院比較文化研究科音楽専攻修了(修士論文『セルジュ・クーセヴィツキーの軌跡-二十世紀前半のアメリカ音文化における貢献』)。これまでに指揮を井崎正浩、ベンジャミン・ザンダー、マイケル・チャリー、サミュエル・ワン、マイケル・ティルソン・トーマス、クラウス・ペーター=フロールの各氏に師事。2010年第5回ゲオルク・ショルティ国際指揮コンクール本選に招かれフランクフルト放送交響楽団を指揮。また、ザ・マネス・オーケストラ、ボストン・コンポーザーズ・オーケストラ、ニューイングランド音楽院弦楽合奏団、ニューワールド交響楽団、ケベック州オーフォール祝祭管弦楽団、チューリンゲン州立イエナ・フィルハーモニー管弦楽団、ルーマニア国立放送交響楽団およびロイヤル・チェンバー・オーケストラを含む国内外多数のオーケストラ、オペラ団体、バレエ団、合唱団に登壇し好評を博す。ミュージカルでは2014年梅田芸術劇場主催オーシャンズ11(演出:小池修一郎、主演:香取慎吾)大阪全13公演を指揮。現在、国際基督教大学CMS管弦楽団副指揮者、新国立劇場バレエ副指揮者、オーケストラーダアドヴァイザー、東京トリニティ・コール常任指揮者、チェンバー・フィルハーモニック東京アーティスティック・ディレクター。

コンサートマスター: 平山慎一郎
9歳で渡米、オレゴン州の小中学校を経てミシガン州のインターローケン・アーツ・アカデミー(ヴァイオリン専攻)卒業。ニューヨークのマネス音楽大学でサリー・トーマス女史に師事。1998年秋に一時帰国し、小林健次氏(桐朋学園大学教授)に師事。2001年ミュージック・マスターズ・コースinかずさ(MMCK)より招待を受け参加。2004年および2005年、スイスのルツェルン音楽祭アカデミー(音楽監督ピエール・ブーレーズ)のオーディションに合格し出演。東京交響楽団メンバーとしてテレビ朝日「題名のない音楽会」、三枝成彰作曲のオペラ「忠臣蔵」、またフィンランドの現代作曲家5人による日本初演コンサート(サントリーホール)など、古典から現代音楽に至るまで幅広く取り組んでいる。チェンバー・フィルハーモニック東京初代コンサートマスター。元東京フィルハーモニー楽団員。


コンサートマスター: 加藤 揚啓
2013年武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。ヴァイオリンを小山啓久、渡邊弘子、菅原英洋、G.フェイギン、器楽伴奏法を小池ちとせ、指揮を北原幸男の各氏に師事。ヴァイオリンに加えてヴィオラの演奏活動も数多く、指揮も活発に行っている。2012年、武蔵野音楽大学管弦楽団のコンサートマスターとしてドイツ演奏旅行を成功に導く。チェンバー・フィルハーモニック東京コンサートマスター現職。

 
[新メンバー募集中]
募集パート: ヴァイオリン3名、ヴィオラ2名
資格: 1. オーケストラ・室内楽経験者で、試用期間またはオーディションを経て楽団員および芸術監督の推挙を得られる方。 2. 個人で楽器を所有している方。 3. 原則20~30歳代の方。 4. 所定の参加費(1ステージあたり2~3万円程度)を納入できる方。 5. 当団のNYスタイルにご賛同いただける方。
その他募集: キャビネットメンバー(若干名)
アートマネジメント、オーケストラ運営、イベント演出、ウェブ&フライヤー等デザイン、クラシック音楽全般のいずれかにご興味のある方。

* お問い合わせはTCP事務局PR部までお願いいたします。

Twitter updates

No public Twitter messages.